保育の特色保育の特色

異年齢保育(なかよしの日)

 3歳~5歳までが一日を通して一緒に活動します。上の子も下の子もお互いがとても刺激になります。特に兄弟がいない子は下の子にどのように接して良いかわからないことも多く、現代の子どもたちの生活経験に必要な保育だと考えています。下の子を思いやり喜んでお世話をしてもらうことや、一緒に遊ぶ経験を経て、自分の重ねた経験を下の子たちに伝えていけるようになります。