保育の特色保育の特色

はだし・ぞうり保育

ぞうり ぞうり

足の裏を刺激し脳の活性化を図ることと、「土ふまず」の形成を促すために、園生活のほとんどは裸足と草履で過ごします。

夏に熱くなった石、日陰でひんやりとした砂、雨のあとのヌルヌルの土など自分の足裏で様々な感覚や感触を体験していきます。

また、「土ふまず」の形成は体力や体の筋力を高めるとともに、正しい姿勢の基礎になります。幼少期の発達に見合った筋肉をつけ、正しい姿勢を身に付けることで集中力も高まっていきます。

はだし・ぞうり保育の効果(土踏まずの形成の変化)

はだし・ぞうり保育