よくある質問よくある質問

よくある質問

オムツが取れていませんが、入園しても大丈夫でしょうか?

大丈夫です。入園後にご家庭と園が連携をして、子どもにあった働きかけをしながらトイレトレーニングをしていきましょう。失敗を恐れてオムツをしたままだと、オムツはなかなかとれません。思い切ってオムツをはずして生活していくうちに次第に自立していくので心配いりません。

園で子どもがどんな様子なのか気になります。
見に行ってもいいものでしょうか?

年に数回参観日を設けていますが、それ以外でもいつでも自由に参観できます。特に発表会や運動会の練習、リズムの時に子どもたちの様子を見に来られる方が多いです。毎月のお誕生会では、誕生月にあたっている子のお父さんや、お母さんも一緒に参加していただいています。お昼には一緒にカレーを食べていただいているので、一日を通して子どもたちの様子を見たいという方にはいい機会だと思います。

毎日お弁当を持っていくのですか?

月、水、金はお弁当で、火、木はパンを中心とした食育給食になっています。小学校に入れば毎日が給食になることを考えると、今だからこそお父さん、お母さんの愛情がたっぷり詰まったお弁当を食べさせてあげて下さい。お弁当の日には、子どもたちが目を輝かせて「今日はこんなお弁当だよ!見て!見て!」と、保育者を呼び止める声があちこちで聞こえます。こんな姿が家庭と連携した食育の基本と考えています。

また、天気のいい日には外でお弁当を食べることや、遠足のようにカバンを持って出かけて、目的地でお弁当を食べるということも日常的にでき、保育にも幅を持たせることができます。
その他に、カレーやシチューが月3回程度ありますが、いずれも地場産の食材を使用しています。

共働きなので、幼稚園に通わせるのは難しいでしょうか?

幼稚園にも共働きをされているご家庭はたくさんあります。平日は最長で7:30~18:00までお子様をお預かりしています。長期休みや土曜日もお預かりできます。
詳しくは「預かり保育」をご覧下さい。

働いていないと預かり保育は受けられないのですか?

いいえ。預かり保育はどのような理由でも受けることができます。
保育所は基本的に働いていることが預ける条件となりますが、当園では仕事の有無は問いません。
また、急な用事で降園時間までにお迎えが間に合わないという時なども対応させていただきますのでご安心下さい。

ぞうりで生活する効果を教えて下さい。

ぞうりを履いて生活することで土踏まずの形成を促します。
土踏まずは体を支えるバネのような役割をするもので、しっかり形成されることで、体に負荷がかかりにくく、疲れにくい体の基礎がつくられます。また、足裏の発達は体のバランスや姿勢に大きな関わりがあります。
そして、姿勢を保つことは集中力にも関わりがあるので、ゆくゆくは小学校に入学してからの学習にも大きな影響を与えます。
土踏まずは4歳頃から成長し8歳頃までにはほぼ完成されるので、この幼児期に土踏まずを含めた足裏全体の発達を促すことは、今後の成長において大きな効果が期待できます。

就園奨励費とは何ですか?

保育所に通っている方にはあまり知られていませんが、幼稚園に入園されたご家庭には所得やお子さんの人数によって、年間で最高30万円以上の公的補助金が支給されます。詳しくは「芽室幼稚園の紹介」欄の「保育料等の諸経費」に書かれていますのでご覧ください。

よくある質問